沢好坊(さわこーぼー)
sawakobo.exblog.jp

渓流・源流好きのB級フライマン沢好坊のBlog ・・・「日常の雑記・食記」に加え「フライ釣行記」とごく稀に「フライネタ」も
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
リンク
お気に入りブログ
最新のトラックバック
サブロウの故郷から~そのに。
from G×Labo
凄腕
from Standy's FlyFi..
松山名物
from 松山
慣用句:分がある(ぶがある)
from ことわざ・慣用句辞典
「ピザ釜」づくりのイベント
from ShopMasterのひとりごと
海釣りへ行きましょう
from 海釣り@爆釣SPOT@情報と..
でかいプリンはイイ!
from toshio10
上村愛子の始球式にどよめき
from 宝物のフレンドリーBlog
交流戦観ながらバイラルCM☆
from 世界おもしろCMランキング
公立中学校の現状
from 月数千円で子供を志望高校に合..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
沢好坊
<   2007年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧
木曽は今…
f0022098_23303477.jpg
 美人タナビラのご尊顔を拝しに、今シーズン初めて木曽に向かう。予報では、午後からは雨が見込まれている。勝負は午前中である。この時期、5時前には明るくなる。5時には既に現地に到着し、釣り始めて・・・はいない。自宅出発が5時少し前、やはり高速道路の通行料半額にはかなわない。
 それでも7時半過ぎには目的の川へ到着。薄日も差し、まずまずのコンディションである(とそのときは思っていた)。さすがに平日である。メジャー河川にもかかわらず、エサ釣り師が僅かにいる程度である。
 リメイクを終えたロッドとランディングネットを携え入渓、少し釣り上がっていくと、川がうっすら濁り始めてきたのに気付く。当初は釣りには支障はない程度であったが、やがて本濁りとなる。水量に変化はないため、原因は、上流部の川原においてあった重機の仕業であることが用意に推測できた。
 
f0022098_2212648.jpg
川から上がり、川沿いの道を車で移動、そこかしこで護岸工事が行なわれている。いつもなら、夕刻を中心に良型の期待ができる瀬も、今年は見る影もない。やむなく上流部に移動、護岸工事の影響のないところに入ったが、反応は鈍い。考えることは誰も同じであろう。工事の影響を避けて釣りをしたければ、選択肢は川を変えるか、上流部に入るしかない。結果は推して知るべしである。
f0022098_23311834.jpg
 3連荘のぼーずは何とか回避、サカナの顔だけは見ることはできたが、道中にあったお地蔵さんに、雨除け祈願をした効果はなく、午後から降り始めた雨の雨脚が強くなる。イブニングも諦め早々に撤収、19時前には自宅で家族と夕餉の時を過ごした。
f0022098_23314874.jpg

[PR]
by sawakobo | 2007-05-30 23:36 | 釣行記