沢好坊(さわこーぼー)
sawakobo.exblog.jp

渓流・源流好きのB級フライマン沢好坊のBlog ・・・「日常の雑記・食記」に加え「フライ釣行記」とごく稀に「フライネタ」も
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
リンク
お気に入りブログ
最新のトラックバック
サブロウの故郷から~そのに。
from G×Labo
凄腕
from Standy's FlyFi..
松山名物
from 松山
慣用句:分がある(ぶがある)
from ことわざ・慣用句辞典
「ピザ釜」づくりのイベント
from ShopMasterのひとりごと
海釣りへ行きましょう
from 海釣り@爆釣SPOT@情報と..
でかいプリンはイイ!
from toshio10
上村愛子の始球式にどよめき
from 宝物のフレンドリーBlog
交流戦観ながらバイラルCM☆
from 世界おもしろCMランキング
公立中学校の現状
from 月数千円で子供を志望高校に合..
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
沢好坊
<   2006年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧
8月19日 木曽釣行
f0022098_221033.jpg
 荒天、家事都合、夏の家族サービス等で6週間ぶりの釣行である。4時30分に自宅を出発したときは雨が降っていたが、中央自動車道小牧東インターに入る頃には上がっていた。恵那SAで朝食ついでの時間調整を行ない、6時過ぎの中津川インターをで下り、R19を北上、木曽町内に入る。
f0022098_694526.jpg
 目的の渓に向かう林道の終点にはエサ釣り師2名が準備をしていた。「初めて来た」と説明すると、「下流から入るから、上流はやっていい」と先行者らしからぬ気前の良い話に乗り(この理由はあとでわかる)入渓する。
 水温が高い(17℃)ためか、川石にはかなり藻が付いている。足元を気にしながらブラックボディのエルクヘアカディス#12で釣り上がるも反応はない。堰堤上は水温が15℃、やや低めであったが、フライへの反応は低調である。やっと、パラシュートタイプのテレストリアル系フライに、そこそこ型の良い腹の黄色が鮮やかなイワナをヒットさせるも、取り込み間際にバラしてしまい、結局釣果は得られずじまいであった。
f0022098_6103189.jpg
 気を取り直して、別の渓に移動することとし、その前に少し早めの昼食を大目旅館にて摂る。開田と言えばそば、その中でもここの蕎麦の味は上位にランクされると思う。開田名産のとうじ蕎麦は、暑かったので断念、オーソドックスにざる蕎麦(2枚)を美味しくいただく。添えられる蕎麦かりんとう(塩味)も美味しいので、ぜひお勧めしたい。
f0022098_611525.jpg
 午後は別の林道を上がり、源流部に入る。そこで何とか木曽らしいイワナと出会うことができた。サイズ的にはやや不満が残るものの、既にサビがかった純血に近い感じ(?)のヤマト系イワナと遭遇できたことが嬉しかった。
f0022098_6114073.jpg

[PR]
by sawakobo | 2006-08-20 07:30 | 釣行記
残暑お見舞い申し上げます
 道南釣行から40日ぶりに、今日木曽方面に出かけました。詳細は、明日以降の投稿となります。
 Blogの更新も全く進んでません。ネタがないわけではありませんが、デスクトップパソコンが常置してある自室に、エアコンがないため、夜でも30℃を軽くオーバーしています。灼熱地獄と化したその部屋では更新意欲も低下、メールチェックがやっとです。
 ただ、釣行記だけは気力を振り絞り、タオル片手に綴りたいと思います。
[PR]
by sawakobo | 2006-08-19 23:21 | 日常の出来事