沢好坊(さわこーぼー)
sawakobo.exblog.jp

渓流・源流好きのB級フライマン沢好坊のBlog ・・・「日常の雑記・食記」に加え「フライ釣行記」とごく稀に「フライネタ」も
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
リンク
お気に入りブログ
最新のトラックバック
サブロウの故郷から~そのに。
from G×Labo
凄腕
from Standy's FlyFi..
松山名物
from 松山
慣用句:分がある(ぶがある)
from ことわざ・慣用句辞典
「ピザ釜」づくりのイベント
from ShopMasterのひとりごと
海釣りへ行きましょう
from 海釣り@爆釣SPOT@情報と..
でかいプリンはイイ!
from toshio10
上村愛子の始球式にどよめき
from 宝物のフレンドリーBlog
交流戦観ながらバイラルCM☆
from 世界おもしろCMランキング
公立中学校の現状
from 月数千円で子供を志望高校に合..
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
沢好坊
<   2006年 05月 ( 28 )   > この月の画像一覧
夏のフライ
f0022098_2340292.jpg 6月に入るとフライのフィールドも里川から源流域や支流へと足が向く。そこで活躍するのがテレストリアルフライである。昨シーズン後半から、テレストリアル用のフライボックスがスカスカの状態であり、久しぶりにテレストリアルフライを巻きためた。
 シビアなライズを狙う訳ではないので、何となく虫らしく見えればOKな夏のフライは、ボリュームを持たせるように巻けば良いので、僕的にはタイイングは楽である。とは言っても、どこかに変なこだわりだけは持っている。
f0022098_2341043.jpg
 僕のお気に入りの夏フライは、ボディーにコンドルクイル、ソラックスにピーコックハールを使い、ハックルを厚めに巻いたパラシュートタイプのものである。コレを#12~18のサイズでボディカラーを2~3種類揃えている。視認性も良く、テンポよく釣り上がる夏の釣りではコレをパイロットフライにしている。あと、1~2日タイイングデスクに向かえば、テレストリアル用フライボックスも充実できるはずであるが、過去にこの大型フライボックスを飽和状態にできたことはなく、今年も例年通り、チョコマカ補充しながらということになるのであろう。
[PR]
by sawakobo | 2006-05-28 23:43 | フライフィッシング
陸上選手権
f0022098_20361023.jpg
 先週から順延になった、一宮市小学校陸上選手権大会が開催された。前夜、てるてる坊主を作り願掛けをした娘の成果か、はたまた当初予定に入っていた某氏との釣行を親父が中止をしたためか定かではないが、前日までの雨の予報に反して、厚い雲が垂れ込めてはいるものの、雨は降ってはいない。
 朝6時、娘を起こすとふとんから飛び起き、カーテンを開け外を眺める。「雨降ってない!」と嬉しそうに声を上げたか思うと、階段を駆け下り、言われるまでもなく自分で朝食の準備を始める。中止であれば電話連絡が入ることになっているらしいが、予定時刻を過ぎてもベルは鳴らず、「行ってきます!」と大きな声を出し、学校まで駆けていく娘を見送った。
 娘がエントリーされている5年女子100m走(予選)は、市内42小学校から各2名の選手が選抜され、総エントリーは84名、11組に振り分けられ、タイム上位8名が決勝レースに臨むことができる。5組7レーンに登場した彼女、ゴール付近で観戦している僕と妻の姿は見えていないと思う。我々からも150m以上先の彼女の表情までは見えない。名前と学校名がアナウンスされた時、右手が上がるのをかろうじて確認できるだけであった。
f0022098_2027773.jpg ピストルの合図とともにスタート、50m付近まではほぼ横一線である。その後僅かではあるが差が付きはじめ、1位とは1m以上離され、2、3位とは僅差の4位でゴールした。
 レース後、息を弾ませながら、近づいてくる彼女の表情にいつもの笑顔はない。幼稚園のかけっこ以来、同学年女子の背中を見て走ることのなかった彼女にとって、初めての敗北の日である。負けず嫌いの彼女の悔しさをかみ殺したような表情がとても印象に残った。「来年、また選ばれるように頑張る!」と言う彼女、順位は別にして、彼女の向上心に期待をしたい。
[PR]
by sawakobo | 2006-05-27 20:43 | 日常の出来事
雨を恨む
 鹿児島地方気象台が今日午前、「九州南部が梅雨入りしたとみられる」と発表した。昨年より16日も早い梅雨入りの発表である。九州北部も31日頃には梅雨入りする可能性もあるらしい。
 統計的には九州が梅雨入り後、数日で西日本各地が梅雨入りとなることが多いようであるが、今年の場合、その発表を待つまでもなくことなく、既に梅雨時の天気のようである。5月の日照時間が、概ね平年の2割以下であることからも、いかに不順な天候であるかがわかる。
 僕が定期的に行なうほぼ唯一の運動といえる、地域とクラブチームに所属するソフトボールも、今月予定されていた試合は1試合行なえたのみで、それ以外はすべて雨もしくはグランドコンディション不良で中止になっている。
 明日、市内小学校の陸上選手権が予定されている。先週末の荒天で、1週間延期されているので、今回は小雨であれば決行されるらしいが、それも現時点の予報では開催が危ぶまれる状況である。自分の小学校では(上級生も含め)短距離では誰にも負けない、と言い切る娘。鼻をへし折られるか、益々天狗の鼻になるのか、僕も楽しみにしているのであるが、天気といういかんともしがたい敵に勝つ術はない。当初、この日にstandyサンと釣行を計画していたことが影響しているのであろうか?とついジンクスが頭をよぎってしまう困った自分がここにいる。
[PR]
by sawakobo | 2006-05-26 23:16 | 日常の出来事
北海道産
f0022098_2314019.jpg 北の大地の恵み、グリーンアスパラを分けてもらった。スーパーで売られているそれとは別物かと思えるような極太アスパラである。素材そのものを味わうために、ボイルしてマヨネーズをかけるだけの単純な調理方法でいただく。とうもろこしなどと同じく、収穫したてが最も美味いらしい。今回のアスパラ、収穫後、既に4~5日は経過しているはずであるが、保存法が良かったのか瑞々しさがあり、ほのかな甘みも感じ、食感も申し分がないように感じた。「コレより美味いアスパラっていったい??」
 収穫したてのアスパラはどんなモンなのか、とても興味が湧いてきた。「よし、北海道で喰うぞ」と決心し、各HPをながめていると、「北海道でのグリーンアスパラの旬は6月末頃まで」の記載が・・・
[PR]
by sawakobo | 2006-05-25 23:18 | 日常の出来事
費用対効果
f0022098_22165294.jpg 毎年8月に開催されている市民花火大会が、今年を最後に廃止になることが大会開催委員会で決まった。自宅のベランダからも大輪の花火を見ることができる花火大会であるだけに残念でならない。
 もともと、一宮市には花火大会がなく、1991年に市制70周年の記念行事として開催されたものが、翌年から市民花火大会として協賛金を募る形で8月の最終土曜日に定例開催となったものである。今年で15回目を迎え、七夕祭りと並ぶ市民行事として定着している。
 昨年4月、一宮市は近隣の尾西市、木曽川町と合併、旧尾西市にも隣接する岐阜県羽島市と共催する濃尾大花火があり、昨年は一宮市でふたつの花火大会を開催したことになる。ふたつの花火大会の開催日が接近していることや、市負担分の費用を考えれば、ひとつにまとめたいと考えるのは当然のことであろう。そうなれば、開催規模が大きく歴史も古い濃尾大花火に分があるのは明白である。羽島市との共催で、費用負担も按分できるとなれば、答えは決まりであろう。
 市の経済振興課は「費用対効果を考えるとやむを得ない」としているらしいが、費用を論ずるのであれば、2市1町の合併で70名を越えてしまっている市会議員をまず何とかするべきであろう。38万人弱の都市で220万人を超える名古屋市とほぼ同数の議員が必要か!?歳費対効果は考えなくていいの?市長さん!
[PR]
by sawakobo | 2006-05-24 22:27 | 日常の出来事
定年廃止
f0022098_23325160.jpg 日本マクドナルドが定年制を廃止するというプレス発表を行なった。同社は現在の60歳定年制をひいているそうであるが、約5000人いる社員の平均年齢は33.7歳で、今後5年間で定年を迎えるのは数人のみであり、定年を廃止しても影響は少ないとの考えかららしい。もちろん、改正された高齢者雇用安定法で
・定年の引き上げ
・継続雇用制度の導入
・定年の廃止
のいずれかが義務付けられたことによるものには違いない。既にパート従業員約13万人のうち60歳以上が2500名もいることもあり、社内での違和感は少ないのであろうが、ファーストフードとはいえ、外食産業で定年廃止を打ち出す企業が出るとは想像していなかった。
 もし、僕が同店を訪れ、接客に出てきた店員が60歳を大きく超えていたとすれば、購買意欲は低下する様な気がする。おそらくその店には足を踏み入れることはないであろう。「ポォテェトォはいぃかぁがぁでぇすぅかぁ~」と聞かれても、即座に「いらない!!」と答えてしまいそうである。しかし、驚くことに同社の最高齢パート従業員はなんと82歳なんだそうである。コレには「参りました」と言わざるを得ない。
[PR]
by sawakobo | 2006-05-23 23:43 | 日常の出来事
初夏はどこへ?
 例年であれば、5月中旬から6月初旬頃までは、1年のうちでもっとも爽やかな時期である。しかし今年は、早くも梅雨が訪れたのかと思うほど雨が多い。雨が降らない日でも、湿度が高い日が多いような気がする。名古屋地方気象台が5月19日発表した1ヵ月予報でも、平年比で曇りや雨の日が多く、日照時間は平年並み以下とのことであり、天気が好転する兆しはないようである。
f0022098_2331464.jpg いきなり暑くなるのも勘弁願いたいのであるが、ここまで天候が不順だと、既に10日前に発売されているハロハロさえもいただきたいという気分にもなれない。ミニストップの前を通っても、(膨隆気味の下腹を気にしていることもあるが)立ち寄る気にさえなれないでいる。このまま梅雨に突入しそうな気配もあるような気がするが、爽やかな5月の青空の下、今年の新作「ピンクグァバトロピカルミックス」を早く食べてみたい。
[PR]
by sawakobo | 2006-05-22 23:33 | B級グルメ
連勝記録-2-
f0022098_2303477.jpg
 女子レスリングのワールドカップ名古屋大会で、日本が3年連続5回目の優勝を飾った。予選1回戦のアメリカ戦を6-1と危なげなく勝利した日本チームは、2戦目となるウクライナ戦でも6-1と大勝、決勝に進んだ。決勝戦でもカナダを相手に1番手から6連勝、72キロ級の浜口選手が敗れるという波乱があったが、6-1で圧勝した。
f0022098_2334194.jpg アテネオリンピックでの実力をそのままに、女子レスリング王国・日本の強さを見せつけた形で幕を閉じた大会となった。
 中でも最注目の吉田沙保里選手、国際試合無傷での連勝記録を96に伸ばし、大会のMVP選ばれ、副賞のトヨタヴィッツを獲得した。9月に中国で行なわれる世界選手権で優勝すれば、国際大会無傷の100連勝という記録に到達するかもしれない。

 連勝といえば、交流戦真っ只中の日本のプロ野球、昨シーズン同様交流戦絶好調の千葉ロッテは、9連勝で単独トップを走っている。対中日戦も8連勝、この3連戦の前、4連続完封勝利を含む5連勝で調子の良かった中日をものともせず、一蹴してしまった。(ドラファンとしては一蹴されたとの表記が適切か?)
 ロッテの次節は阪神戦で、その次が巨人戦である。弱いものイジメだけでなく、この2チームからも3勝ずつあげて、連勝を15に伸ばしてもらいたいと切に願ってやまない。
[PR]
by sawakobo | 2006-05-21 23:09 | アスリート達の今
給食Blog?
 市内小学校の陸上選手権大会が開催される(娘が選手として出場)予定であったが、雨天との予報が出ていたため、前日の段階で早々に延期とされてしまった。ところが、風は幾分強いものの天気は回復、仕方なく近所の整形外科に手指負傷後のリハビリ中の娘を連れて行き、午前中を過ごす。午後、タイイングデスクに向かい、フライを何本か巻いた。その後ろのパソコンで、中学生の娘が自分の中学のホームページ(HP)で、先日出かけた修学旅行記事や写真をながめ、ひとりで騒いでいる。
 フライを巻く手を休め、娘と一緒にHPを見ながら、いろいろ解説を受ける。その後、他校のHPに入り、修学旅行の記事をながめ、勝手に盛り上がる娘を尻目に、僕は他に気になる記事を見つけてしまった。
 他校HPで、ある記事の更新が毎日きっちりとされているのがあった。その内容は給食。1か月分の献立がインプットされ、当日になれば、画像と給食の寸評がアップされているのである。さながら、学校給食Blogのようである。ちなみに、5月19日の献立は、
「ご飯・牛乳・たけのこ入りすまし汁・てりどり・なめたけのつくだに」
で、更新者は「なめたけのつくだに」がお気に入りのようである。中学を卒業して以来、給食を食べていないが、僕の時代と不変の定番メニューや時代を反映した新しいメニューがあり、結構興味深くながめてしまった。給食現役世代の娘に、思わず「あー5月9日の給食、食べたかったな~」ともらす情けない親父であった。
f0022098_23175068.jpg

[PR]
by sawakobo | 2006-05-20 23:25 | 日常の出来事
連勝記録
 女子レスリングの第6回ワールドカップが5月20日、21日に名古屋でで開催される。オリンピックや世界選手権とは違い、国別対抗よる団体戦で、7階級で競われる。アテネオリンピックでは全階級でメダルを獲得している日本、今回のワールドカップでもディフェンディングチャンピオンで、優勝候補の最右翼でもある。
 日本は、アテネオリンピック金メダリストの吉田沙保里選手以下、伊調千春・馨姉妹、浜口京子を含む全14名の布陣で、3年連続5度目の優勝を狙っている。ライバルは、アメリカ、カナダ、中国になる。
f0022098_2355836.jpg 個人としての注目は、やはり吉田選手。国際大会無敗の93連勝中の彼女が、どこまで連勝記録を伸ばすか、期待が高まる。女子レスリングのワールドカップで、日本が優勝すれば、サッカーでも…  コレは期待のかけ過ぎか?
[PR]
by sawakobo | 2006-05-19 23:11 | アスリート達の今