沢好坊(さわこーぼー)
sawakobo.exblog.jp

渓流・源流好きのB級フライマン沢好坊のBlog ・・・「日常の雑記・食記」に加え「フライ釣行記」とごく稀に「フライネタ」も
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
リンク
お気に入りブログ
最新のトラックバック
サブロウの故郷から~そのに。
from G×Labo
凄腕
from Standy's FlyFi..
松山名物
from 松山
慣用句:分がある(ぶがある)
from ことわざ・慣用句辞典
「ピザ釜」づくりのイベント
from ShopMasterのひとりごと
海釣りへ行きましょう
from 海釣り@爆釣SPOT@情報と..
でかいプリンはイイ!
from toshio10
上村愛子の始球式にどよめき
from 宝物のフレンドリーBlog
交流戦観ながらバイラルCM☆
from 世界おもしろCMランキング
公立中学校の現状
from 月数千円で子供を志望高校に合..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
沢好坊
<   2006年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧
世代交代
 トリノオリンピックが幕を閉じた。当初、日本選手団の団長が予想したメタル総数は5個。結果は荒川選手の金メダル1個のみであった。当ブログでも記事にしたが、僕の予想は2個で、これも外してしまった。スポーツ紙やテレビでの評論では、女子フィギア以外いずれの種目も世代交代が上手くいかなかったことが理由とされている。(そんなことは選手選考の段階で分かりきってはいるが…)

f0022098_2336288.jpg 世代交代といえば、プロボクシング界でも起こりつつある。2月27日、WBC世界スーパーフライ級タイトルマッチ12回戦が行なわれ、王者・徳山昌守が同級1位ホセ・ナバーロ(アメリカ)を3-0の判定で下して、初防衛に成功した。昨年7月に川嶋勝重からタイトルを取り戻した徳山は、通算9度目の王座防衛である。31歳での世界王座防衛は日本のジム所属選手の最年長記録である。
 しかし試合後には
「スーパーフライ級の王者は卒業します。今後どういう人生を歩もうが、ボクシングで培った根性を最大限に生かして頑張ります」
とタイトル返上を示唆した。引退、もしくは階級の引き上げを考えての発言なのであろう。
 ボクサーにとって減量は過酷の一言に尽きる。歳を重ねるごとにそれも辛くなるらしい。それに加え、試合前2週間前にバイク事故に遭遇、右腱板損傷の怪我を負ったことで減量が予定通り進まず、前日の計量直前で何とかクリアしたんだそうである。

f0022098_2346378.jpg その前日、亀田3兄弟の次男、17歳の亀田大毅がと徳山と同じ階級、スーパーフライ級でデビュー戦を迎え、開始わずか10秒、対戦相手のサマート・シットサイトン(タイ)を左フック一撃でノックダウン、ゴングからわずか23秒で見事なデビュー戦KO勝利を収めている。

 世界戦とデビュー戦、試合の格は、本来前座試合とメーンイベントのはずである。それでもマスコミや世間の注目は、互角以上に亀田大毅のデビュー戦に向いていたであろう。
 徳山の気分がいいはずはない。彼の試合後の発言には、そういった背景もあったのではいかと思われる。
 今日28日、徳山は前日表明した「王座返上」を含むすべての結論を先送りにすることを明らかにした。
「引退という気持ちは変わっていない。ただ、会長と話をして、すぐには結論を出さないことにした」
「2、3カ月は現役続行を含めて、ゆっくり考える」
 ジムの金沢会長は
「徳山はまだ進歩している。1年間ビッグマッチ限定ででも現役を続けてほしい」
と話し、対戦相手として、一階級上のWBCバンタム級王者、長谷川穂積や亀田興毅の名前を挙げ、徳山の現役続行を促していく考えも持っているらしい。
 ジムサイドとしては、興行的に魅力のある試合であり、大いにそろばん勘定も入っているのだと思うが、ボクシングファンならずとも興味がある徳山VS亀田興毅-徳山自身の気持ちを考えればおそらく不可能だと思うけれど-何とか実現してもらいたい一戦である。

 
[PR]
by sawakobo | 2006-02-28 23:47 | アスリート達の今
ジンギスカン&ラムしゃぶ Part2
f0022098_23395161.jpg 2月25日の記事の続きになる。
 今回初参加の3名は2次会の企画は知らない。が、別に大したことをする訳でなく、カラオケボックスに出かけるだけである。
 各自1曲ずつ歌って喉を湿らせた後、ルールの説明をする。メドレーの曲がカラオケにはある。メジャーな歌手やその年のヒット曲を綴ったものや、アニメ、ドラマの主題歌、マニアックなところでは、アルバム1枚丸ごと、というものなどさまざまであるが、この1曲を曲が変わるごとに順番にマイクを回し歌っていくのである。当然知らない曲が出てくるが、その場合はペナルティとして100円供出しなければならない。これが、カラオケボックスの使用料に充当される。
 今回の参加者は20代2名、30代2名、40代2名と偶然バランスが取れた年齢構成になった。おっさんが得意とする70年代フォークソングやグループサウンズ、若者が得意とするヒップホップ系に分かれるかと思いきや、以外にも年代のヒットソングメドレーや超メジャー歌手のメドレーが入り、ジェネレーションギャップを感じずにワイワイ楽しめ、3時間少々で費用が捻出できたのである。
 程よい緊張感に酔いも醒め、僕の希望通り、ミニストップのコールドデザートで締めとなった。参加者の皆さん、お疲れ様でした。
f0022098_23413658.jpg

[PR]
by sawakobo | 2006-02-27 23:45 | 日常の出来事
バンクーバーに向けて
f0022098_1459561.jpg トリノオリンピックが閉会する前に、早くも上村愛子選手が、2010年バンクーバーオリンピックを目指して始動した。昨日、2月25日スキー全日本選手権フリースタイルモーグルが、猪苗代のリステルスキーファンタジアで行われた。
 トリノでも成功させた3Dエア「コーク720」で、26.48点の高得点を獲得、2位の伊藤みき選手に3ポイント以上の大差をつけての同大会3連覇(通算5度目)である。おそらく体調は万全ではなかったであろうが、他を寄せつけない大差での優勝である。にもかかわらず、滑走後も会心の笑顔は見られなかったそうである。そう、国内には彼女のライバルがいないからである。
 彼女がバンクーバーでメダルを獲得する条件のひとつに、国内に強力なライバルが出現することが上げられる。05-06シーズンのフリースタイルナショナルチーム(女子モーグル)のランクAは上村選手ひとりで、ランクBはなし、ランクCにやっと若手が2名選出されているだけである。トリノにもエントリーした伊藤みき選手が、たったひとりJrAに選出されてはいるが、これでは先が思いやられる。
 表彰式後の談話で彼女は「ジュニアの選手に出てきてほしい」と話し、後に続く選手が現れない現状が歯がゆいと言った感じで、「私を見てうまいなあで終わらせてほしくない」と新たなライバルの出現を切望したそうである。
 長野オリンピックからのヒロインとして、彼女とともに注目されていた、女子フィギュアスケート荒川静香選手のトリノでの金メダル獲得-当然自身の努力の結果なのであるが、国内に村主、安藤、中野、恩田といった強力なライバルの存在、他にジュニアでも浅田姉妹の台頭があり、競技全体の底上げと競技への関心が格段に向上した背景があったことはまぎれもない事実であろう。オリンピック期間中とはいえ、全日本選手権と銘うたれた大会が、TV中継されないことが、モーグル競技への関心の低さの裏付けでもある。
 とはいえ、自身の今後について彼女は「1年1年より、やるからにはオリンピックに出たいと思ってやるし、オリンピックを目指します」と、4年後のバンクーバーオリンピックへの決意を口にした。荒川選手の金メダル獲得に触れて「オリンピックに出るならそういうところを目指していかないと駄目だよなあ」とも漏らしたらしい。そう、彼女は日本の第一人者で終わるつもりはなく、世界の上村愛子としての証し、バンクーバーでのメダルに向けて、また一歩進んだのである。

f0022098_2251092.jpg まさかとは思ったが、上村愛子選手やハイル、トロー、ラウラといったトリノのメダリストもエントリーしてる3月5日に開催されるFISフリースタイルワールドカップ(モーグル)猪苗代大会の地上波放送は、東北と長野地域のみで、全国放送はされないようである。これでは、モーグル競技の先行きが不安でならない。
[PR]
by sawakobo | 2006-02-26 15:02 | アスリート達の今
ジンギスカン&ラムしゃぶ
f0022098_033338.jpg 最近巷で話題になっているジンギスカンであるが、7~8年前から既に友人達との宴会はジンギスカンと決まっており、流行の有無に関わらず、今回も羽島にあるジンギスカン「ふえた」に出かけた。
 例年年末に開催している宴会であるが、昨年末は大雪に見舞われやむなく延期した経緯がある。万障繰り合わせて変更開催日時を決めたはずであったが、業種が一定でないため、急な仕事のため、今回は残念ながら不参加となった友人もいたが、新たに20台の新メンバーが2名加わり、楽しい宴席となった。
 さて、肝心の内容や味についてである。結論から言えば、(毎回のことであるが)大満足である。ラム肉のジンギスカンとラムしゃぶが食べ放題であることに加え、ビール、お酒、ソフトドリンクも飲み放題でひとり4,000円ポッキリと大変リーズナブルである。
f0022098_0371644.jpg ラム肉は、マトンとは比べものにならないほどあっさりしていて、臭みも全くない。別の肉と考えた方が良いような気がするそんな肉である。ジンギスカンのタレもまたgoodで、シャキシャキもやしとタレを絡めて焼き、味付けされた焼き上がりラム肉に丸めるようにして一緒にいただくと、箸を休める暇もないほど食べることに集中できてしまいそうな美味な一品である。さらに、ラムしゃぶに至っても、牛ほどくどくなく、ヘルシーであるため、これまたどれだけでも食べられてしまう。満腹中枢神経が刺激され、箸が止まっても、(20台から50歳手前までの幅広い年代の集まりにも関わらず)、共通の話題で盛り上がってワイワイすることで、カロリーが消費されると、しばらくしてだれからということもなく、また箸が動き出すのである。
f0022098_038143.jpg

 こうして、ひたすら食べ、話し、笑った4時間余りの至福の時を過ごした我ら一行は、2次会の場所に向かうのであった。これまた恒例の企画を行なうために…
(つづく)
[PR]
by sawakobo | 2006-02-25 23:48 | B級グルメ
鉄板焼-2-
f0022098_23155024.jpg モノを焼いて食べる、もっとも単純な調理方法である。シェフが目の前でステーキや魚介類をグリルするリッチなお店から、お好み焼きやもんじゃ焼きを自分で焼いて食べる店まで、とても幅が広い。一宮にある鉄板焼料理「小松」は、角刈りの大将が目の前で肉や野菜、魚介を手早く焼き上げてくれたり、この店オリジナルのお好み焼きをじっくり焼いてくれる庶民派の鉄板焼の店である。
 オーダーして1分もかけずに焼き上げ、目の前に出してくれる近江牛の焼肉やトンテキはオリジナルのタレで味付けされたいへん美味である。その他にも脂がのって歯ごたえのあるナンコツや、アメリカ産牛肉が禁輸されて高騰している牛タンやホルモンが800円前後でいただける。1人前の量も焼肉店の1.5倍~2倍はあるので、オーダーはすべて1人前で十分である。
 その他にも、長芋やエリンギを塩コショウ味で焼いただけのシンプルな焼き野菜や魚介と野菜のアンサンブルまでメニューが豊富である。
 調理方法はシンプルであるが、素材の良さが生かされて絶妙な味加減でどれをいただいてもたいへん美味しくいただける。ふたりで出かけると4~5品程度しか食べられないので、4人で出かけていただくことをお勧めする。カウンター席のみでおよそ30席しかないため、それ以上の人数は相当程度の待ち時間を要すことになるので注意が必要である。予算は飲み代を除けば一人当たり2,000円~3,000円で十分おなかは満足する。とにかく一度出かけていただき、実際に味わってみて欲しいお勧めのお店である。

手前からトンねぎ、砂肝ニンニク、ホルモン           牡蠣ブロッコリー
f0022098_23172965.jpgf0022098_23183871.jpg







f0022098_23253894.jpg





        オリジナルお好み焼き「とんぺい」
[PR]
by sawakobo | 2006-02-24 23:37 | B級グルメ
鉄板焼
 モノを焼いて食べる、ただそれだけの単純な料理である鉄板焼について書くつもりであったが、今日も残り僅かになり画像編集が間に合わない。この続きは次回…
乞うご期待!?
f0022098_1222617.jpg

[PR]
by sawakobo | 2006-02-23 23:56 | B級グルメ
コールドデザート
 ミニストップのHP内のWhat's Newの欄にこんな記述を見つけた。
「白玉クリームぜんざいパフェ」販売終了間近です。この機会をお見逃しなく!

f0022098_22551375.jpg 見逃してはならぬ!と外出途中に見つけたミニップにて、日中の気温が15℃を超えた今日、その「白玉クリームぜんざいパフェ」を何とか食すことができた。小豆の粒の歯ごたえを残しながら、程よい甘さのぜんざいに、モチモチの食感の白玉が多数入り、定番ソフトに抹茶ソースが彩を添えている。細かくされた栗も入っているが、粒が小さく存在感が薄いのがやや残念である。とは言え、味わいある和のデザートで大変美味しくいただくことができた。
 「嶺南中心 外食記録」にも、春には消えるかも…との注意喚起がされていたが、危うく食す機会を逃すところであった。食べ太サン、ありがとうございました。
[PR]
by sawakobo | 2006-02-22 22:59 | B級グルメ
夢の5回転?
f0022098_21383973.jpg 日本時間の22日早朝、ニッポンのメダル獲得の最後の可能性のある競技である、フィギュア女子シングルスがショートプログラムが始まる。注目は安藤美姫選手が4回転サルコーを成功させるかどうかであろう。女子で4回転を跳んだ実績があるのは彼女のみである。

 4回転の次は5回転?実際には、男子でも5回転の成功例はまだない。国際スケート連合の採点ルールにも、5回転の得点は存在しないようである。
 興味深い記事を読売新聞で見つけた。以下、そこからの抜粋である。
 理論上は、女子でも「5回転は可能」とされる。千葉大教育学部の吉岡伸彦助教授によると、「安藤の回転速度と、(アルベールビル五輪銀の)伊藤みどりの滞空時間があれば、夢ではない」という。
 安藤は強い筋力で、男子以上の高速回転を生み出している。4回転を決めた時の回転速度は、毎秒約5・5回転。最近の調査結果がないため、単純に比較できないが、1998年長野五輪男子の平均速度よりも、毎秒約0・5回転も速い。
 伊藤は回転速度よりも、男子並みの長い滞空時間を誇った。現役では、恩田美栄(東海学園大職)のジャンプが伊藤に近い。伊藤の3回転半の滞空時間は約0・73秒で、長野五輪男子の平均時間とほぼ同じ数字だ。
 吉岡助教授の計算によると、5回転には回転速度が毎秒5・7回転、滞空時間で0・75秒が必要になる。80年レークプラシッド五輪男子代表の五十嵐文男氏は、5回転を「男子なら1、2年後にも成功する」と予測するが、女子でも「安藤の回転速度」+「伊藤の滞空時間」で、夢のジャンプは不可能ではない。

 夢の5回転を飛ぶのは安藤みどりか伊藤美姫で決まりである?

 冗談はさておき、ポジティブシンキングになれる良い事実をひとつ…

 2002年のソルトレークオリンピックで、連続ジャンプを次々と完璧にと決めたアメリカのサラ・ヒューズ(当時16歳)がSP4位からの大逆転で金メダルに輝いている。その年の12月、14歳だった安藤美姫はと世界初の4回転に挑み、成功させている。
 トリノの舞台で4回転を、それもフリーの演技で決められれば結果はついてくると信じたい。
[PR]
by sawakobo | 2006-02-21 21:40 | アスリート達の今
B-1グランプリ
f0022098_23471010.jpg 先日、八戸市でB-1グランプリなるご当地B級グルメ王座決定戦が行なわれた。全国各地から10品目が参加し、入場者が使った箸で投票、順位を決める方法だったようである。
 出品料理は「富良野カレー」「室蘭やきとり」「青森生姜味噌おでん」「八戸せんべい汁」「横手やきそば」「富士宮やきそば」「浜焼き鯖(小浜)」「とうふちくわ(鳥取)」「小倉発祥焼うどん」「久留米やきとり」である。
f0022098_2348115.jpg 既に気付かれた方もいると思うが、札幌ラーメン、仙台の牛タン、名古屋の味噌カツ、大阪のたこ焼き、神戸牛、広島のお好み焼き、博多ラーメンなどメジャークラスの参加はない。地元以外ではほとんど知られていないマイナーな料理、いわゆるご当地グルメにスポットを当て、そのブランド化を目指して、メジャーへの挑戦をしていこうという主旨で、B級ご当地グルメの祭典として開催されたものである。
 一般客が各自気に入った店の料理を購入し試食、投票するシステムで、地元有利かと思ったが、結果は富士宮やきそばが1位、2位は横手やきそばで、その差は僅か40g(割り箸の重さ)でやきそば対決の様相を呈した同大会の初代チャンピオンになった。1位の富士宮やきそば(富士宮やきそば学会)には金のはしトロフィーが贈呈され、次回の開催権が与えられた。
 富士宮であれば出かけられない距離ではない。B級グルメを自称する僕にとって、ぜひ参加して1票を投じたいイベントである。来年のB-1グランプリin富士宮の開催を今から心待ちにしたい。
f0022098_23495518.jpg

[PR]
by sawakobo | 2006-02-20 23:42 | B級グルメ
愛子チャン帰国
f0022098_21165833.jpg トリノオリンピック女子モールで5位入賞の上村愛子選手が帰国した。成田で今回のオリンピックを振り返っての感想を記者の問われた時、「レース後、自分の滑りのビデオを見て『まだまだだなあ』と思った。ノーミスでなければメダルは取れない」とコメントしたとのことである。既に4年後のメダルを宿命付けられてしまったと思った瞬間である。
 世間やマスコミは勝手なもので、今回がダメであれば、すぐ次の期待をする。次と言っても来月、来年ではない。4年後なのである。来シーズンもワールドカップの転戦はあるし、その前に夏場の合宿だって控えている。そういった事実や日々の努力を知らずして、結果のみを求める我々の体質は改める必要があると思う。少なくとも、期待、注目をする選手やチーム(ナショナルチーム)には、普段から何らかの形でメッセージを送り続けていきたいと思い、今日から「アスリート達の今」というカテゴリーを設けることにした。
 4年後まで待たなくても来月、3月5日に猪苗代でFISワールドカップモーグルInawasiro大会が予定されている。おそらく愛子チャンの勇姿も見られるはずであるので、まずこの大会に注目したい。
 最後に、日本がメダル無しであることについて彼女は「最初に私がメダルを取れば波に乗れたのに申し訳ない」と発言したようである。他の日本選手の明らかな実力不足とツキがなかっただけで、決して愛子チャンのせいではありません、念のため…
[PR]
by sawakobo | 2006-02-19 21:18 | アスリート達の今