沢好坊(さわこーぼー)
sawakobo.exblog.jp

渓流・源流好きのB級フライマン沢好坊のBlog ・・・「日常の雑記・食記」に加え「フライ釣行記」とごく稀に「フライネタ」も
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
リンク
お気に入りブログ
最新のトラックバック
サブロウの故郷から~そのに。
from G×Labo
凄腕
from Standy's FlyFi..
松山名物
from 松山
慣用句:分がある(ぶがある)
from ことわざ・慣用句辞典
「ピザ釜」づくりのイベント
from ShopMasterのひとりごと
海釣りへ行きましょう
from 海釣り@爆釣SPOT@情報と..
でかいプリンはイイ!
from toshio10
上村愛子の始球式にどよめき
from 宝物のフレンドリーBlog
交流戦観ながらバイラルCM☆
from 世界おもしろCMランキング
公立中学校の現状
from 月数千円で子供を志望高校に合..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
沢好坊
最後の?北行(1)
f0022098_225826.jpg
 ここ数年、この時期に訪れている北海道。今年もstandyサンとともに、7月4日から3泊4日で道南へ出向いた。
 昨年から、アクセスを千歳から函館に変更したため、フライトまで時間がある。空港内のカードラウンジで無料の珈琲とスナックをいただきながら、まったりとした時間を過ごす。
f0022098_225912.jpg

 11時55分発ANA391便函館行きは、定刻より10分遅れてセントレアを飛び立った。
f0022098_22591714.jpg

 シートベルト装着ランプが消え、機内サービスが始まると当時に、昼食を摂る。越前若狭の焼鯖寿し(1,050円)のその味は、ヒカリもの嫌いだった僕の嗜好を一変させるきっかけとなったものである。適度に脂の乗った肉厚の焼鯖が半身、寿司飯に乗せられている。その間に挟まれたシロ胡麻とショウガが絶妙なバランスを醸し出し、寿司の味を引き立てている。初空弁の焼鯖寿しを十分堪能し、アップル&マンゴージュースで昼食を締めくくった。
f0022098_22593475.jpg

 函館空港に到着、レンタカーで宿泊地の八雲町を目指す。現地の定宿となった感のある小牧荘に着いた時には、16時を回っていた。事前にクロネコに届けていただいていた荷物から釣り道具を引っ張り出し、目の前の渓で2時間あまりを過ごす。
 空腹を覚えて宿に戻ると、既に夕食の支度が整っている。ホタテのチャンチャン焼をメインに、山海の味覚が並べられている。毎度のことながら、1泊2食1,680円で味わえる至福のひと時に感謝しつつ、ふたりともすべて食べ尽くした。
 食後、いかにも温泉といった、鉄分の多い黄土色の湯に浸かり、翌日の本番に備える。
f0022098_22594895.jpg

 翌日、イカ松前で2杯のご飯をいただき、道南の渓に出発。
f0022098_230797.jpg

 午前のラウンドを終え、昼食は昨年同様、「寿しのます屋」のあわび入りちらし(1,500円)に舌鼓を打つ。
f0022098_2302749.jpg

 あわびの他の10種類以上の近海ものの魚貝類に埋め尽くされた寿司飯は、ことしもほんのり赤みがかり、具材を大いに引き立たせながらも、キッチリ存在感を示していた。腹を満たしたあとの午後は、サカナも満腹たったのかかどうか定かではないが、前半やや低調な釣りになってしまった。その後はまた持ち直し、そこそこの釣果を得、2日目を終える。
f0022098_2303997.jpg

 夕食には、昨年時化のため断念せざるを得なかった特別料理のホタテの刺身が鎮座している。その他にも絶品のイカ刺しや名古屋コーチン鍋等、大方食べ尽くした後に、おぼこ荘の女将からのサービスとのことで、寿司が5貫運ばれてきた。サービスとは思えないネタのそれらもいただき、満足感に満ち溢れた2日目が終わる。
f0022098_2305563.jpg

f0022098_2311348.jpg

 3日目は、北のフライショップの店主に勧められた渓に向かう。やや山沿いのその場所での昼食は、ラムの焼肉定食にした。臭みのないラム肉を石焼にし、添えられたピリからのタレにつけていただいたが、これも北の定番!と言いたくなる様な美味であった。
f0022098_2312747.jpg

 その日の夕食のメインは、八雲牛。そして、北ならではの濃厚でクリーミーな馬糞ウニが別添えにある。最後の夕食を目一杯堪能し、早朝の一振りに備え、温泉にのんびり浸かって、この日は早々に床についた。
f0022098_2314416.jpg

f0022098_2315944.jpg

 最終日、朝食前に2時間あまり渓に入り、当地での釣りを終える。身支度を整え、荷物を発送した後、これもこの旅の定番になっているハーベスター八雲に向かう。石釜で焼かれたピッツァにハーブチキン、濃厚牛乳で、北での食事を終える。
f0022098_2321591.jpg

f0022098_2322822.jpg

f0022098_2324318.jpg

 締めのデザートはこれしかない。元山牧場が経営するエルフィンでソフトクリームを堪能。濃厚牛乳を使った、滑らかでコクのあるソフトクリームの味は、格別である。これまで、北の大地でも数多くのソフトクリームに出合ったが、牛乳ソフトとしては、間違いなくトップクラスである。
f0022098_2325761.jpg

f0022098_233999.jpg


 釣行の記録については、後日改めて記すことにして、第1部を終える。
[PR]
by sawakobo | 2007-07-12 23:05 | 釣行記