沢好坊(さわこーぼー)
sawakobo.exblog.jp

渓流・源流好きのB級フライマン沢好坊のBlog ・・・「日常の雑記・食記」に加え「フライ釣行記」とごく稀に「フライネタ」も
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
リンク
お気に入りブログ
最新のトラックバック
サブロウの故郷から~そのに。
from G×Labo
凄腕
from Standy's FlyFi..
松山名物
from 松山
慣用句:分がある(ぶがある)
from ことわざ・慣用句辞典
「ピザ釜」づくりのイベント
from ShopMasterのひとりごと
海釣りへ行きましょう
from 海釣り@爆釣SPOT@情報と..
でかいプリンはイイ!
from toshio10
上村愛子の始球式にどよめき
from 宝物のフレンドリーBlog
交流戦観ながらバイラルCM☆
from 世界おもしろCMランキング
公立中学校の現状
from 月数千円で子供を志望高校に合..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
沢好坊
'12.6.16 梅雨の渓
 いつもの渓の入り口に着いたのは、6時を少し回った頃、予想通り渓の水は少ない。この日の予報は終日雨、多少出かけることに迷いはあったが、減水の渓にはこの雨は恵みの雨になることを期待しての単身での釣行である。
f0022098_14362915.jpg

 先行者はいないようである。天候の更なる悪化を用心し下流から入渓することにした。下流部に入るのは3シーズンぶりであろうか。サカナがいるのか若干不安に思いつつロッドを振り始めた。すると早速フライに反応があった。素早い出方をしたが、どうもイワナのようである。手元まで引き寄せネットに手をかけたその瞬間、ロッドにかかっていたテンションが消えた。サカナがいることを確認できたからよし!と悔しい気持ちを落ち着かせ先へ進むことにした。
 その後、反応はあるし、フライにも乗るがサイズは10~12cmの小ぶりなサカナばかりである。雨は小康状態であり、ストレスを感じるまでには至らない。釣り始めて1時間以上経ってやっとネットに手がかかるサイズのサカナと対面、ネットに収まったのは美しい木曽のアマゴ、タナビラであった。
f0022098_14481170.jpg

 その数分後には木曽のイワナとも対面、
f0022098_14523211.jpg

この先の爆釣を期待したが、そうはたやっすくいくはずもなく、しばらくは、むなしくフライが流れるだけの時間を過ごすことになってしまった。雨脚が弱まり空が明るくなったため、気分転換を兼ねて少し早めに昼食を摂ることにし、レインコート、ベストを脱ぎ、おにぎりとコンビニのデリフードで腹を満たした。食後、ベストを着ようとしたところ、1個のフライボックスが転げ落ちた。今年初めてポケットに入れたテレストリアルボックスであった。今から思えば何かの暗示だったのか、そこからノーテールのブラックパラシュートを取り出しティペットにつなげた。
 午後、そのフライへの反応がことのほかよく、中小(残念ながら大はなし)織り交ぜて木曽イワナ、タナビラの挨拶を受けることになった。
f0022098_15172484.jpg

f0022098_15345156.jpg

f0022098_15225180.jpg

f0022098_15351128.jpg

f0022098_15232973.jpg

 それまで小康状態であった雨脚がやや強まりを見せ、脚を押す水の力も増しつつあったため、多少後ろ髪を引かれる思いはあったが、渓を脱することにした。
 帰路、国道沿いの十割手打ち蕎麦「玄」でざるそばをいただき、心地よい1日は終わりを迎えた。
f0022098_15442157.jpg

[PR]
by sawakobo | 2012-06-17 15:31 | 釣行記